Make your own free website on Tripod.com
Taiwan Kayak and paddle sports report by Murata/Japanease

村 田 の 台 湾 カ ヤ ッ ク 紀 行 ( パ ド ル ス ポ ー ツ と も 言 う )

< レ ポ ー タ ー 自 己 紹 介 >

2000 年 8 月 よ り カ ヤ ッ ク を 始 め る も 、 9 月 よ り 長 期 の 台 湾 出 張 に 突 入 。

カ ヤ ッ ク を す る た め に 「 冒 険 家 獨 木 舟 」 の 門 戸 を た た き 、 以 来 、

台 湾 の フ ィ ー ル ド へ 赴 く こ と 6 回 ( 12 月 11 日 現 在 ) 。

台 湾 で カ ヤ ッ ク を し た い 日 本 人 の た め に 、 L e e さ ん の 依 頼 で

こ れ ま で に N I F T Y の F O D S に 投 稿 し た 紀 行 文 を 転 載 し ま す 。

質 問 は 村 田 ま で ( メ ー ル ア ド レ ス : vyc12023@nifty.ne.jp ) 。

1. 2000/9/17 down river at Wulai with Lee-san

  ( 烏 来 で の リ バ ー カ ヤ ッ ク ・ 激 流 下 り )

昨 日 、 と う と う 台 湾 の フ ィ ー ル ド に 出 て し ま い ま し た 。

日 本 か ら グ モ テ ッ ク ス   ヘ リ オ ス 3 4 0 を 持 っ て い く の は 重 い の で

や め ま し た 。

パ ド ル も か さ ば る の で パ ス 。 持 っ て い っ た の は P F D と ウ エ ッ ト

ス ー ツ 、 ド ラ イ バ ッ ク の み 。 残 り は 現 地 調 達 し ま し た 。

グ モ テ ッ ク ス J r   N T $ 5 0 0 0 ( 1 9 0 0 0 円 )

フ ッ ト ポ ン プ   N T $ 6 9 0 ( 2 6 0 0 円 )

2 ピ ー ス パ ド ル   N T $ 1 6 0 0   ( 6 1 0 0 円 )

ヘ ル メ ッ ト   N T $ 6 5 0   ( 2 5 0 0 円 )

総 じ て 、 日 本 よ り も 安 い ん じ ゃ な い で し ょ う か 。

グ モ に は フ ッ ト ポ ン プ が つ い て い た と 思 っ た の で す が 、 あ れ は イ ワ

タ ニ リ ゾ ー ト が つ け て る ん で じ ょ う か 。

く だ ん の カ ヌ ー S H O P の 常 連 1 0 名 と い っ し ょ に 台 北 か ら 南 へ

下 っ た 「 烏 来 ( ウ ー ラ イ ) 」 の ホ ワ イ ト ウ ォ ー タ エ リ ア ( 1 級 ? )

に 行 っ て き ま し た 。

本 来 は 、 こ こ は 滝 の 名 所 な ん で す 。 そ の 下 流 か ら ス タ ー ト 。 両 岸 は

自 然 の 山 。 ま れ に 道 路 が 近 く を 通 っ て い る 以 外 は 何 も 無 い 自 然 の 状

態 で 眺 め は 最 高 。 み ず も き れ い ( た だ し 、 こ こ は 翡 翠 の 産 地 で 、 そ

の せ い か 、 不 自 然 に 水 が 緑 色 ) 。

全 般 に 水 量 は 少 な 目 で 落 差 、 波 は な い の で す が 、 岩 が 多 く 、 緊 張 の

連 続 。 S H O P の 店 長 は 、 私 以 外 に も 初 心 者 3 名 が い っ し ょ だ か

ら 、 今 日 は 安 全 な と こ ろ に 行 く 、 と い っ て い た の で す が 、 そ の 割 に

は き つ か っ た で す 。 で も 、 沈 は ほ と ん ど し て い な か っ た の で そ ん な

も ん か な 。 た だ し 、 ザ ラ 瀬 も 多 く 、 こ こ で 初 心 者 は ひ っ か か っ て

動 け な く な っ て ま し た 。 特 に グ モ J r は 底 が 軟 ら か い の で ひ っ か

か っ て ば か り 。 普 通 に 座 っ て い る と お し り の 部 分 が 沈 ん で 引 っ か か

り や す い の で 寝 そ べ り 気 味 で な ん と か ク リ ヤ ー も し く は あ き ら め て

引 張 り 。

あ さ 8 時 か ら 午 後 3 時 ま で か け て 川 を 下 っ た と こ ろ で 本 日 は 終 了 。

最 後 は も う こ れ 以 上 漕 げ な い と い う 限 界 寸 前 で し た 。 は じ め て の

艇 、 は じ め て の 川 く だ り 、 は じ め て の 台 湾 で の カ ヤ ッ ク は 感 慨 深 い

も の が あ り ま し た が 非 常 に 疲 れ ま し た 。

こ の 後 、 荷 物 一 式 ( グ モ J r 含 む ) を 担 い で 電 車 を 乗 り 継 い で 1 時

間 半 か け て H O T E L に 帰 り 着 き 、 朝 ま で ぐ っ す り 寝 て お り ま し

た 。

来 週 も ツ ア ー は あ る み た い で す が 、 ど う し よ う か な 。 7 時 に S H O

P 集 合 で し た の で 、 電 車 が 足 の わ た し は 、 4 時 起 き で し た ( 早 朝 の

事 で 乗 り 継 ぎ が 良 く な い ) 。

ス タ ー ト 近 く に は バ ス も 来 て た み た い で し た の で 、 次 は ひ と り で い

く か も し れ ま せ ん 。

こ の つ づ き が も し あ れ ば 、 ま た ご 連 絡 し ま す 。

------------------------------------------------------------

2. 2000/9/23 down river at Shuangshi-river to Fulung,

  ( 雙 渓 川 か ら 福 隆 ま で の リ バ ー カ ヤ ッ ク ・ 川 下 り )

2000/9/24 sea kayak at Lungdung

  ( 龍 洞 で の 沿 岸 シ ー カ ヤ ッ ク )

こ の 週 末 も 台 湾 の フ ィ ー ル ド に グ モ J r . で 出 か け て き ま し た 。

先 回 は S H O P の 関 係 者 と 出 か け ま し た が 、 今 回 は 場 所 の 情 報 だ け

も ら い 、 一 人 で 出 か け ま し た 。 目 的 地 は 台 湾 の 東 北 角 の 「 龍 洞 岩

場 」 。 台 湾 の o u t   d o o r 雑 誌 「 野 趣 」 の カ ヌ ー 特 集 の 中 で 、

海 の フ ィ ー ル ド と し て 紹 介 さ れ て い た 場 所 で す 。

い わ く 、 「 み ず が き れ い 」 「 浸 食 岩 場 の 景 色 が 良 い 」 「 川 よ り も 安

全 で 初 心 者 で も 1 時 間 の 練 習 で O K 」 と さ れ て い ま し た 。

も っ と も 、 こ の 当 り の 言 及 は カ ヌ ー s h o p の 店 長 の L e e さ ん の

受 け 売 り み た い で す が 、 先 週 「 初 心 者 向 け の 川 」 と し て 連 れ て 行 か

れ た と こ ろ も け っ こ う き つ か っ た の で 当 て に は な り ま せ ん 。 海 の 状

況 を 見 て 、 最 悪 、 海 を あ き ら め る 事 も 念 頭 に お い て 、 「 土 曜 日 に 双

渓 を 1 5 k m 下 っ て 海 に 出 て 、 日 曜 日 に 龍 洞 岩 場 周 辺 を 漕 ぐ 」 事 に

し ま し た 。

土 曜 日 、 台 北 か ら 列 車 で 1 時 間 半 の 双 渓 駅 へ 。 川 に 降 り ら れ る と こ

ろ を 探 し な が ら 川 に 沿 っ て 歩 く 。 下 り た と こ ろ で は お じ さ ん が な に

や ら 肉 を 洗 っ て い る ( 川 は そ れ ほ ど き れ い で は な か っ た の だ が ) 。

と な り で わ た し が グ モ J r . を 膨 ら ま せ 出 す と 「 な ん だ そ れ は ( と

言 っ て る み た い だ け ど 中 国 語 は わ か ら な い ) 」 「 ボ ー ト だ ( 今

回 何 回 か 質 問 を 受 け た が 、 カ ヤ ッ ク と 言 っ て も 通 じ な い と 思 っ た の

で 、 こ う 言 う 事 に し た ) 」 と 会 話 ? を し て 出 発 。

1 5 分 ほ ど 漕 い だ と こ ろ で 工 事 を し て い る 。 列 車 で 来 る 途 中 の 他 の

川 で も や っ て い た が 、 護 岸 工 事 の 様 だ 。 途 中 ま で は 横 を す り 抜 け ら

れ た が 、 あ る と こ ろ で 流 れ の 真 上 に シ ョ ベ ル カ ー が 作 業 し て い る 。

し か た な く こ こ は 岸 に 上 が っ て 避 難 。 そ の 他 、 2 ヶ 所 で 工 事 し て い

た が 、 無 事 通 過 で き た 。 全 般 的 に は 川 の 両 岸 に は 何 も 無 く 、 南

国 の 風 景 を 楽 し み な が ら 漕 ぎ 下 る 。 今 回 は 下 流 域 で 流 れ も ゆ っ く り

な の で の ん び り 下 れ る ( と い う か 、 場 所 に よ っ て は 向 か い 風 で 漕 が

な い と 押 し 戻 さ れ て し ま う ) 。

あ ら か じ め 、 こ の 川 の 事 は 台 湾 で 買 っ た 地 図 ( 道 路 地 図 だ が 、 堰 も

載 っ て い る ) で 調 べ て 堰 が な い 事 を 確 認 し て い た の だ が 、 実 際 に は

4 つ の 堰 が あ り 、 小 さ い も の は 乗 り 越 え 、 大 き い も の は 艇 を 持 っ て

下 っ た 。 初 心 者 ゆ え 「 堰 」 は 初 体 験 で あ り 、 先 方 か ら 「 ゴ ー 」 と い

う 水 の 落 下 音 が 聞 こ え て き た 時 に は 正 直 び び り ま し た 。 地 図 に

載 っ て な か っ た し ( こ の 時 点 で 、 こ の 地 図 は 当 て に な ら な い と 悟 る

べ き で し た ) 。

時 速 4 k m と し て 海 ま で の 1 2 k m を 3 時 間 で 下 れ る と 考 え 、 途 中

に あ る 7 つ の 橋 を 目 印 に 現 在 位 置 を 確 認 し つ つ 下 っ て い っ た の で す

が 、 7 つ め を 通 過 し た 時 点 で ま だ 漕 ぎ 出 し て 1 時 間 。 思 っ た よ り 流

れ が 速 か っ た か な と 楽 観 し て い た 気 持 ち は 8 つ

め の 橋 が 見 え て き た と こ ろ で 消 え 失 せ ま し た 。 後 は と に か く 3 時 間

漕 げ ば 到 着 で き る と 信 じ て 漕 ぎ 下 る の み 。 さ れ ど 、 3 時 間 過 ぎ て も

海 は 見 え て こ な い 。 疲 れ て 休 憩 。 川 岸 の 釣 り を し て い る お じ さ ん が

「 加 油 ( ジ ャ ー ユ ー = が ん ば れ ) 」 と 声 を 掛 け て く れ る 。 時 に は 川

の 中 ほ ど の 木 に 引 っ か か っ た 釣 り 針 を 外 し て く れ と 頼 ま れ る 。 分 か

れ 際 、 彼 は 「 ダ ン ケ シ ェ ン 」 と お 礼 を 言 っ た 。 私 は 日 本 人 だ っ て

言 っ た の に 。

そ う こ う し な が ら 4 時 間 経 過 し た と こ ろ で 目 標 の 福 隆 海 浜 公 園 に 到

着 。 ま ず は 自 販 機 で コ カ ・ コ ー ラ を 買 っ て 飲 む 。 ぬ る く な っ た ミ ネ

ラ ル ウ ォ ー タ ー と 違 っ て 、 の ど に し み わ た る 。 ち な み に 、 台 湾 で 自

販 機 の 「 烏 龍 茶 」 を 買 う と 砂 糖 が 入 っ て い る の で 日 本 人 の 口 に は 合

わ な い 。 日 本 人 も 紅 茶 に 砂 糖 を 入 れ る の で 、 あ な が ち 変 で は な い の

だ け ど お い し く な い 。 「 無 糖 」 の 烏 龍 茶 も た ま に あ る の で 、 注 意 が

必 要 。

休 憩 の 後 、 す ぐ 近 く の 福 隆 海 水 浴 場 に 行 っ て み る 。 海 水 浴 場 だ と い

う の に 波 が 高 い 。 1 m の 砕 け 波 が 次 々 と 来 る 。 試 し に 漕 ぎ 出 し て み

た が す ぐ 砂 浜 へ 打 ち 上 げ ら れ て し ま う 。 本 当 に こ こ は 海 水 浴 場 か ?

日 本 だ っ た ら 遊 泳 禁 止 で 、 サ ー フ ィ ン 専 用 だ ぞ 。 他 に シ ー カ ヤ ッ ク

を 1 隻 見 か け た が 同 様 に 打 ち 上 げ ら れ て い た 。

こ こ は あ き ら め て 、 当 初 の 目 的 の 龍 洞 公 園 へ バ ス で 移 動 。 も う 暗 く

な っ て い て 海 の 状 況 は 分 か ら な い 。

翌 朝 、 海 を 見 る と 波 が 小 さ い 。 ど う や ら 浜 で は な く 、 岩 場 で す ぐ 深

く な っ て い る 為 と 思 わ れ る 。 そ う い え ば 昨 日 の 場 所 も 沖 は 波 が 小 さ

か っ た 。 龍 洞 岩 場 の 北 か ら ぐ る り と 回 っ て 南 側 の 龍 洞 南 口 海 浜 公 園

を 目 指 す 。

こ の コ ー ス は 湾 内 で は な い の で 、 少 し で も 潮 流 が あ れ ば 引 き 返 す つ

も り で 岸 の 近 く を 漕 い で い く 。 か と い っ て 岩 場 付 近 に は 波 が 打 ち 付

け て い る の で 、 つ か ず 離 れ ず の 距 離 を 保 つ 。 水 は 確 か に き れ い で 、

底 ま で 見 え る 。 こ こ は ス キ ュ ー バ の 人 も 多 い 。

岩 場 の 風 景 も 確 か に き れ い 。 し か し 、 わ た し に 楽 し む 余 裕 は な い 。

潮 流 は な い も の の 1 m ほ ど の う ね り は あ る 。 流 さ れ て し ま う ほ ど で

は な い が 波 を 切 ら な い グ モ J r . で は う ね り で 艇 の 方 向 が す ぐ 変

わ っ て し ま う の で 気 を 遣 う 。 た し か に 、 そ こ そ こ 艇 を 操 れ る 技 術 が

あ れ ば 何 の 事 も な い コ ー ス な の だ が 、 は じ め て の 海 は と に か く

恐 い 。 4 k m の コ ー ス を 1 時 間 で い っ き に 漕 ぎ き っ て し ま う 。

海 浜 公 園 近 く 、 水 深 も 1 m 程 度 で 底 が 良 く 見 え る 。 よ う や く 余 裕 を

持 っ て き れ い な 海 を 楽 し め る 。 岸 に あ が る と 潮 溜 ま り に 2 c m ぐ ら

い の 熱 帯 魚 が 泳 い で い る 。 捕 ま え て け な い の が 残 念 。 こ の あ た り 、

シ ュ ノ ー ケ リ ン グ に も よ さ そ う 。 こ こ は 施 設 が 整 っ て い て 、 シ ャ

ワ ー を 浴 び 、 着 替 え を 済 ま せ 、 食 事 を 取 っ て 休 憩 す る 。 す ぐ 前 に

バ ス 停 も あ っ て 便 利 。 施 設 自 体 は 無 料 ( と 思 う 。 海 か ら 入 っ た の

で 、 も し か す る と ど こ か に 料 金 所 が あ っ た か も し れ な い が ) 。 機 会

が あ れ ば ま た 来 た い と こ ろ で あ る 。

帰 り は バ ス と 列 車 。 大 き な リ ュ ッ ク 、 し か も 2 分 割 パ ド ル が は み だ

し た 目 立 つ か っ こ う 。 お か し な 日 本 人 で あ る 。 私 の 顔 は 台 湾 人 に 見

え る ら し い の が さ い わ い で あ る ( よ く 駅 で 列 車 の 行 き 先 を 聞 か れ た

り 、 飲 み 屋 で 現 地 の 案 内 人 に 間 違 わ れ た り す る ) 。 さ て 、 問 題 は こ

の カ ヤ ッ ク 道 具 一 式 を ど う す る か 。 来 週 、 一 度 帰 国 し 、 た ぶ ん 、 再

来 週 に ま た 渡 台 。 H O T E L に 預 か っ て も ら え な け れ ば 持 っ て か な

く ち ゃ な ら な い 。 キ ャ ス タ ー 付 き バ ッ ク と ス ポ ー ツ バ ッ ク 、 そ れ に

カ ヤ ッ ク 道 具 の は い っ た ( パ ド ル が は み だ し た ) リ ュ ッ ク 。 さ あ 、

ど う し ま し ょ 。 こ ち ら に は 宅 配 便 は な い ん だ ろ う か 。

-----------------------------------------------------------

3. 2000/10/08 sea kayak at Leliou by myself

  ( 野 柳 で の 沿 岸 シ ー カ ヤ ッ ク )

昨 日 の 日 曜 日 も 台 湾 の 海 に 出 か け て き ま し た 。 ( 地 名 等 、 ほ と ん ど

の 方 に は 役 に 立 た な い と 思 い ま す が 、 ご 了 承 く だ さ い 。 ほ と ん ど 日

記 モ ー ド で す 。 )

「 桃 園 ( タ ウ ウ ェ ン ) 」 か ら 列 車 で 台 北 経 由 で 北 の 果 て の 終 着 駅

「 基 隆 ( チ ー ル ン ) 」 ま で 行 き 、 そ こ か ら バ ス で 「 翡 翠 湾 ( フ ェ イ

ツ ェ イ ワ ン ) 」 に 到 着 。

浜 辺 は 今 日 も 波 が 高 い が 、 沖 は 波 が な さ そ う 。 漁 港 に う ま い 具 合 に

ス ロ ー プ が あ っ た の で 、 こ こ か ら 漕 ぎ 出 す 事 に す る 。 10 月 と い う の

に 水 は ぬ る い 。 さ す が 南 国 で あ る 。 遠 く に 黄 色 い シ ッ ト オ ン ト ッ プ

艇 が み え る 。 海 水 浴 場 や レ ジ ャ ー セ ン タ ー で 、 よ く シ ッ ト オ ン ト ッ

プ 艇 が レ ン タ ル さ れ て い る の で 、 そ の た ぐ い と 思 わ れ る 。

岸 に 平 行 に 、 少 し 風 と 波 が あ る の で 、 風 上 ( 向 か い 波 ) 側 に 漕 ぎ 出

す 事 に す る ( 帰 っ て 来 れ な く な る と 恐 い の で ) 。 思 っ た よ り も 順 調

に 進 む 。 奇 岩 の 名 所 の 「 野 柳 ( イ エ リ ュ ウ ) 」 ま で め ざ す が 、 海 か

ら で は 見 え な い ら し い 。 岸 は 波 が あ っ て 上 陸 で き な い の で 引 き 返

す 。 海 は 透 明 度 は 高 い が 、 ゴ ミ が 多 い 。 水 深 も 深 く 、 海 底 が

見 え な い の で お も し ろ く な い 。

帰 り は 追 い 風 、 追 い 波 で 楽 か と 思 っ た の だ が 漕 ぎ に く い 。 波 が 追 い

越 し て い く た び に 艇 の 向 き が 変 わ り 、 方 向 を コ ン ト ロ ー ル す る の に

神 経 を 使 う 。 追 い 波 の せ い か 、 進 ん で い る よ う に 感 じ な い 。 行 に は

波 が 来 る の が 見 え る の で 、 波 に よ る u p ・ d o w n は 気 に な ら な

か っ た が 、 帰 り は 追 い 波 で 不 意 に u p ・ d o w n す る の で 、 や や

船 酔 い 気 味 。 シ ャ ワ ー を 浴 び ら れ る と こ ろ も な か っ た の で 、 余 っ た

ミ ネ ラ ル ウ ォ ー タ ー を か ぶ っ て が ま ん 。

と い う こ と で 、 今 回 は 失 敗 で し た 。 こ う し て み る と 、 前 回 行 っ た 龍

洞 岩 場 は 、 ス タ ー ト 地 点 に 港 が あ っ て 出 港 が 楽 で あ り 、 水 も き れ い

で 所 々 、 水 深 が 浅 い と こ ろ で は 海 底 も 見 え て 眺 め も 良 く 、 ゴ ー ル 地

点 は 海 浜 公 園 で シ ャ ワ ー を 浴 び て 着 替 え も で き 、 非 常 に 良 い 環 境 で

し た 。 ス タ ー ト 、 ゴ ー ル 地 点 と も バ ス 停 の す ぐ 前 だ っ た し 。 難 を 言

え ば 今 回 も 含 め て 釣 り 人 が 多 い 事 。 ど こ に 行 っ て も 「 こ ん な と こ ろ

に ど う や っ て 来 た ん だ ? 」 と い う ガ ケ 、 離 れ 岩 場 な ど に 、 う じ ゃ う

じ ゃ 。 ま あ 、 遭 難 し そ う に な っ た 時 に は 良 い か も し れ ま せ ん が 。

海 も い い の で す が 、 川 に も 行 き た い で す ね え 。 で も 川 は や っ ぱ り

知 っ て る 人 と 行 か な い と あ ぶ な い し 、 S H O P の 主 催 す る ツ ア ー は

朝 7 時 集 合 で き つ い し ( 朝 4 時 起 き で な い と 間 に 合 わ な い ) 。 当 面

は 海 か 湖 か な あ 。

-------------------------------------------------------------

4. 2000/10/22 river kayak at Wulai by myself

  ( ふ た た び 、 烏 来 で の リ バ ー カ ヤ ッ ク )

先 週 末 は 木 曽 川 で し た が 、 今 日 は 台 湾 の 川 ( 南 勢 渓 ) に 行 っ て き ま し

た 。 例 に よ っ て 、 グ モ J r を 担 い で 列 車 、 バ ス 乗 り 継 ぎ で す 。

じ つ は 、 こ こ は 9 / 1 7 に 最 初 に カ ヤ ッ ク S H O P の メ ン バ ー と 行 っ

た と こ ろ な ん で す が 、 自 動 車 に の せ ら れ て 連 れ て 行 か れ た の で 正 確 な

位 置 が 分 か っ て い ま せ ん で し た 。 こ れ で は の っ ぽ さ ん が 台 湾 に い ら し

た 時 に ご 案 内 で き な い の で 、 地 図 で 当 た り を 付 け て 場 所 を 確 認 し つ つ

再 度 行 っ て き ま し た 。

以 下 、 ほ と ん ど 活 用 さ れ る 事 は 無 い と 思 い ま す が 、 南 勢 渓 ガ イ ド ( 日

記 モ ー ド ) で す 。

台 北 か ら M R T で 新 店 線 の 終 点 の 新 店 駅 へ 。 近 く の バ ス 停 か ら 烏 来

( う ー ら い ) 行 き の バ ス に 乗 る 。 目 的 地 は 2 0 番 目 の バ ス 停 の 巨 龍 山

荘 。 料 金 は 3 0 元 。 前 述 の よ う に 、 場 所 が 良 く 分 か っ て 無 か っ た の

で 、 通 り 過 ぎ て か ら 気 づ き 、 次 の バ ス 停 で 下 り て 戻 り ま し た 。 な お 、

台 湾 の バ ス は 客 が い な け れ ば バ ス 停 で 止 ま り ま せ ん し 、 バ ス 停 名 の 案

内 が な い の で 、 地 形 を 便 り に 目 的 の バ ス 停 が 近 づ い た と 思 っ た ら ベ ル

を な ら さ な け れ ば な り ま せ ん 。

川 は 道 路 よ り も 1 0 m ほ ど 下 に あ り 、 巨 龍 山 荘 脇 の 水 路 を 伝 っ て 降 り

て 行 き ま す 。 滑 る の で 注 意 。 下 り た と こ ろ の 小 さ な 河 原 で グ モ J r を

膨 ら ま せ 、 荷 作 り し て ス タ ー ト 。 1 0 月 も 下 旬 だ と い う の に 今 日 も 暑

い 。 ハ ー フ の ウ エ ッ ト ス ー ツ と ラ イ フ ジ ャ ケ ッ ト だ け で も 汗 が だ ら だ

ら 。

ス タ ー ト し て す ぐ の 落 ち 込 み は 落 差 が 大 き く 、 前 回 、 カ ヤ ッ ク S H O

P 店 長 か ら 「 グ モ J r は だ め 」 と 言 わ れ た と こ ろ な の で ポ ー テ ー ジ 。

け っ こ う 距 離 が あ り 、 へ ろ へ ろ に な る 。 船 を 再 度 水 面 に 浮 か べ る と

シ ー ト 座 面 の 空 気 が 抜 け て い る ! 水 に 浸 け て 確 認 す る と 、 し っ か り

2 ヶ 所 穴 が 空 い て い る 。 応 急 処 置 用 に ガ ム テ ー プ は 持 っ て い た の だ

が 、 シ ー ト の 表 面 は 布 地 な の で く っ つ か な い 。 艇 自 体 は 問 題 な い の で

が ま ん し て 再 出 発 。

し ば ら く は ゆ っ く り 漕 ぎ 下 る 。 ゆ る く 右 に カ ー ブ し て 行 っ た あ と に 小

さ な 瀬 。 と こ ろ ど こ ろ に 岩 と そ の 横 に 5 0 c m 程 度 の 落 ち 込 み が あ る

が 、 躊 躇 せ ず し っ か り 漕 ぎ 下 れ ば 問 題 無 し 。 し ば ら く ま っ す ぐ 漕 ぎ 下

る 。 左 に カ ー ブ し た と こ ろ で 次 の 瀬 。 個 々 の 落 差 は 小 さ い が 、 ま ん べ

ん な く 岩 が あ り 、 ル ー ト が 見 当 た ら な い ( 前 回 は も う ち ょ っ と 水 量 が

有 っ て な ん と か 下 っ た の だ が ) 。 こ こ は 「 加 九 寮 」 バ ス 停 の 近 く で 、

道 路 か ら 階 段 で 川 ま で 下 り ら れ る の で 釣 り の に ー ち ゃ ん た ち が 多 い 。

に ー ち ゃ ん た ち の 期 待 を 裏 切 っ て ポ ー テ ー ジ す る 。 な お 、 ポ ー テ ー ジ

後 に へ ば っ て 、 こ こ で 帰 ろ う か と も 思 っ た が そ れ で は あ ん ま り な の で

休 憩 し 、 再 出 発 。

右 に 急 に カ ー ブ し た 後 に 次 の 瀬 。 前 回 も き つ い 瀬 で あ っ た が 水 量 が

へ っ て い て さ ら に 落 差 が 大 き く な っ て い る 。 漕 ぎ 下 れ る イ メ ー ジ が 湧

か な い の で こ こ も ポ ー テ ー ジ 。

木 曽 川 で の 沈 を 反 省 し 、 今 回 は 先 の 見 え な い 瀬 は す べ て 下 見 し 、 不 安

が 有 れ ば ポ ー テ ー ジ 。 あ た り ま え か 。

ポ ー テ ー ジ 後 の 瀞 の 岸 は は じ め て 日 陰 と な っ て い た の で 昼 食 + 昼 寝 休

憩 。 日 向 で は イ ン フ レ ー タ ブ ル は 空 気 を 抜 い て 休 憩 、 空 気 を 入 れ 直 し

て 再 出 発 と な る の で 日 陰 は 貴 重 。

し ば ら く 進 み 、 す こ し 右 に カ ー ブ す る と 川 中 央 に 岩 場 が あ り 、 流 れ が

左 右 に 分 か れ て 5 0 c m 程 度 の 落 ち 込 み が 有 る 。 問 題 は 落 ち 込 み の 5

m 下 流 に 見 え る 廃 材 の コ ン ク リ ー ト か ら 突 き 出 し た 鉄 筋 。 2 つ の コ ー

ス の ど ち ら も 下 り き っ て す ぐ に あ る 。 今 回 の コ ー ス は お お む ね 水 は き

れ い な の だ が 、 橋 や ダ ム の 廃 材 と 思 わ れ る 鉄 筋 が ま れ に 沈 ん で い る 。

コ ー ス 取 り を 注 意 し て ク リ ヤ ー 。

こ の あ と 、 2 0 0 m ほ ど 「 ス ラ イ ダ ー 」 と な る 。 水 面 は お だ や か な の

だ が 流 れ が 速 い 。 滑 り 台 状 に 水 面 が 傾 斜 し て い る の で あ る 。 川 幅 は そ

こ そ こ あ る が 、 岩 が 点 在 す る の で く ね く ね よ け な が ら 下 る 。 徐 々 に 水

流 が 減 り 、 最 後 は ザ ラ 瀬 と な る 。 座 面 ク ッ シ ョ ン の 空 気 が 抜 け て い る

の で お し り が 痛 い 。 下 り て 艇 を ひ っ ぱ る 。

ゆ っ く り 川 は 左 に カ ー ブ 。 落 差 1 m の 瀬 。 落 ち て す ぐ 正 面 に 岩 が 有 る

の で 左 に 急 カ ー ブ し て 退 避 。 こ こ は 今 回 の コ ー ス の 中 で は ( ポ ー テ ー

ジ し た と こ ろ を 除 い て ) も っ と も ス リ リ ン グ な 場 所 。 く わ え て 、 落 ち

込 み の 前 ま で が 水 量 が 少 な く お し り が 痛 い 。 こ こ を 過 ぎ る と 川 の 右 手

に 忠 治 公 園 が あ り 、 河 原 で 家 族 連 れ が 遊 ん で い る 。 階 段 を 上 れ ば す ぐ

上 は 道 路 。 こ こ ま で は 川 は 道 路 沿 い に 流 れ て い る も の の 道 路 が 高 い と

こ ろ を 走 っ て い る た め 川 か ら は 見 え な か っ た が 、 こ の あ た り か ら 風 景

が 変 わ っ て く る 。 な お 、 途 中 何 ヶ 所 か に 公 園 ( た だ の 河 原 ) が あ り 、

道 路 に 上 が れ ば バ ス 停 と な っ て い る た め 、 疲 れ た 時 は 早 々 に 切 り 上 げ

る 事 が で き る 。

な お も 川 は ゆ っ く り 左 へ カ ー ブ し て い る 。 小 さ な 瀬 を 渡 っ た ら す ぐ 左

岸 へ つ け な け れ ば い け な い 。 そ う 、 こ こ に は 堰 が あ る の で あ る 。 堰 は

中 央 の み え ぐ れ て お り 、 水 は こ こ か ら の み 流 れ て い る 。 早 々 に 左 岸 へ

付 け な い と 流 さ れ て し ま う 。 落 差 2 m 。 垂 直 で は な い が 、 落 ち て す ぐ

正 面 に 岩 が 有 り 、 非 常 に 危 険 。 こ こ は 初 心 者 、 グ モ J r は 不 可 で あ

る 。 ポ ー テ ー ジ す る 。

2 0 0 m ほ ど で ゆ る い 瀬 。 5 0 0 m す す む と ま た ゆ る い 瀬 。 ゆ る い が

落 ち 込 み 前 は 水 量 不 足 で お し り を 打 っ て 痛 い 。 川 は 右 カ ー ブ に 変 わ

る 。 こ の あ た り ( 栗 子 園 か ら 上 亀 山 橋 ) は 水 遊 び 、 バ ー ベ キ ュ ー の 名

所 ? で 人 が う じ ゃ う じ ゃ い る 。 好 奇 の 目 で 見 ら れ て ち ょ っ と 嫌 。 声 を

掛 け ら れ た ら こ こ ろ よ く 手 を 振 っ て あ げ る け ど ね 。 亀 山 橋 か ら 1 k m

ほ ど は ザ ラ ザ ラ で 尻 を 浮 か せ て 漕 い だ り ひ っ ぱ っ た り 。 ポ ー テ ー ジ 続

き で 腕 が つ り 、 し ば し 休 憩 。 水 量 が 増 え て き た と 思 っ た ら 、 い き な り

落 差 1 m の 瀬 。 こ こ も 落 ち て す ぐ 正 面 に 岩 が 有 る の で す ぐ に 左 へ カ ー

ブ し て 退 避 。

川 は 大 き く 左 に カ ー ブ し た 後 ま っ す ぐ に な り 、 川 幅 も 若 干 広 く な っ て

流 れ は 緩 や か に な る 。 ゴ ー ル の 翡 翠 水 庫 ( ダ ム ) 口 は こ こ か ら 1 k

m 。 こ の あ た り で も 水 は き れ い 。 冷 た さ も 心 地 よ い 程 度 。 川 底 は 砂 地

に な り 、 河 原 に 近 づ く と グ モ J r に の っ た ま ま で も 川 底 に 手 が 届 く 。

時 間 も あ る の で 、 し ば し 、 山 椒 魚 の よ う に 手 で 川 底 を 歩 く 感 覚 を 楽 し

む 。

満 足 し た と こ ろ で 再 出 発 。 流 れ は ほ と ん ど 無 い の で 漕 が な け れ ば 進 ま

な い 。 休 憩 し て い な い と こ こ が つ ら い 。 連 続 し た 2 本 の 橋 を く ぐ る と

翡 翠 水 庫 か ら の 支 流 と 合 流 し 、 こ こ か ら は 新 店 渓 と 名 前 が 変 わ る 。 左

岸 の 河 原 は こ こ も ま た 水 遊 び 、 バ ー ベ キ ュ ー の 名 所 で 河 原 脇 に 駐 車 場

が あ り 、 上 の 道 路 ま で 上 が れ る 側 道 も あ る 。 イ ン フ レ ー タ ブ ル 、 フ ァ

ル ト 以 外 は こ こ が 唯 一 、 カ ヤ ッ ク を 積 み 上 げ て 帰 れ る 場 所 と な る ( 担

い で 急 な 階 段 を 上 が れ る の な ら 別 だ が ) 。 側 道 を 上 が っ て バ ス 通 り を

3 0 m 程 歩 け ば 「 翡 翠 水 庫 」 バ ス 停 。 バ ス は 新 店 経 由 台 北 行 き が 2 0

分 お き に 出 て い る 。

新 店 の カ ヤ ッ ク S H O P に 立 ち 寄 る 。 新 店 ま で な ら 2 0 元 。 店 長 は 毎

週 土 日 は フ ィ ー ル ド に 出 て い る が 、 午 後 3 時 過 ぎ な ら ば O K 。 少 し お

し ゃ べ り を し て 帰 る ( 前 回 自 動 車 に 忘 れ た グ モ J r の リ ペ ア ー キ ッ ト

を 取 り に 行 っ た の だ が 、 今 日 は な か っ た ) 。

な お 、 上 記 の 文 中 で 触 れ て ま せ ん が 、 瀬 に 出 く わ す た び に グ モ J r が

水 風 呂 に な り 、 瀬 を ク リ ヤ ー す る 毎 に 岸 に つ け て 艇 を ひ っ く り 返 し て

水 出 し を し た の は 言 う ま で も な い 。

来 週 末 か ら 1 週 間 は 日 本 に 帰 国 の 予 定 。 再 度 木 曽 川 に 挑 戦 か ?

-------------------------------------------------------------

5. 2000/11/19 river kayak at Wulai by myself

  ( ふ た た び 、 烏 来 で の リ バ ー カ ヤ ッ ク ・ レ イ ク カ ヤ ッ ク )

あ い か わ ら ず 台 湾 で す ( た ぶ ん 、 断 続 的 に 来 年 の 春 ま で い る と 思

う ) 。 先 週 は 海 に 行 っ た も の の 3 m の 波 を 前 に し て 逃 げ 帰 っ て き ま し

た の で 、 今 回 は 川 ( 湖 ) で す 。 今 週 は 疲 れ て ま す の で 、 の ん び り コ ー

ス を 選 び ま し た ( 結 果 的 に は 疲 れ ま し た が ) 。

場 所 は 台 北 か ら 南 に M R T ( 地 下 鉄 ) で 新 店 へ 、 そ こ か ら 烏 来 行 き の

バ ス で 亀 山 へ 。 こ こ は 、 過 去 に 2 回 行 っ た コ ー ス の 最 後 の 瀞 場 の 部

分 。 こ こ か ら 、 前 回 よ り も 下 流 へ の ん び り 下 っ て 行 く 計 画 。

亀 山 へ つ い て み る と 、 な に や ら 風 景 が 違 う 。 過 去 2 回 は ほ と ん ど ザ ラ

瀬 で 流 れ も な か っ た 場 所 で わ ず か な が ら 波 だ っ て い る 。 ど う や ら 、 雨

が 続 い た の で 増 水 し て い る ら し い 。 日 本 で あ れ ば 雨 が 少 な く な る 季 節

で す が 、 台 湾 で は こ の 季 節 ( 〜 3 月 ) は 雨 が 多 い ら し い 。 と い う こ と

は 、 激 流 コ ー ス な ら 年 中 O K と い う こ と か ? 空 港 で 買 っ た 使 い 捨 て カ

メ ラ を A Q U A P A C に 入 れ 、 少 し 進 ん で は 写 真 を 撮 る 。 あ く ま で の

ん び り 。 そ れ で も 1 時 間 で い つ も の つ い ゴ ー ル ま で は つ い て し ま っ

た 。

さ て 、 い つ も の ゴ ー ル を 越 え た 先 は 、 ち っ ち ゃ な ダ ム 湖 ( 燕 子 湖 ) 。

ダ ム 自 体 は 行 き の バ ス か ら 見 た 限 り で は 大 き 目 の 堰 と い っ た と こ ろ 。

左 に 魚 道 が あ る 。 さ て 、 実 際 に た ど り つ い て み る と こ の 魚 道 は 階 段 状

な る も 、 か な り 流 れ が 激 し い 。 さ ら に 左 側 に 幅 1 m ほ ど の 通 路 が あ る

の で ポ ー テ ー ジ す る 。

そ の さ き は こ れ ま た ダ ム 湖 の 濛 濛 湖 。 流 れ は ほ と ん ど な い 。

お お き く 左 カ ー ブ 、 右 カ ー ブ し た 3 k m 先 に ダ ム が あ る 。 ほ と ん ど 漕

が ず に の ん び り 進 む 予 定 だ っ た が 両 岸 に 釣 り 人 、 キ ャ ン パ ー が い る 。

川 幅 は 2 0 0 m あ り 、 全 然 問 題 は な い の だ が 、 サ ボ っ て る と 思 わ れ る

の が い や な の で さ っ さ と 進 む 。

と こ ろ で 、 台 湾 の 川 や 海 に 行 っ て 思 う の だ が 、 こ の 人 人 人 . . . . は

ど こ か ら 湧 い て く る の だ ろ う 。 人 が い な け れ ば 結 構 い い 風 景 な ん だ け

ど ね え 。 ち な み に 、 川 原 で バ ー ベ キ ュ ー を し て い た グ ル ー プ が 「 北 酒

場 」 を 台 湾 語 で し か も ギ タ ー 伴 奏 つ き で 合 唱 し て い た 。 お い お い 。

こ の 川 を そ の ま ま 下 る と 、 途 中 に 2 ヵ 所 の ダ ム は あ る も の の 、 8 k m

ほ ど で M R T 新 店 駅 の す ぐ 横 ま で 流 れ て 行 く 。 こ の ま ま 行 っ ち ゃ う つ

も り だ っ た の だ が 、 い き な り 1 つ め の ダ ム を ポ ー テ ー ジ し よ う と し て

い た と こ ろ で 警 備 員 に 見 つ か っ て し ま い 、 戻 れ と 言 わ れ る 。

あ と で 本 で 読 ん だ が 、 ダ ム ( の 近 く ) は ど こ も カ ヤ ッ ク の 侵 入 禁 止 ら

し い 。

あ い に く 、 こ の あ た り は 上 陸 帰 還 ポ イ ン ト が な い 。 3 k m ち か く も

ど っ た 道 路 わ き ま で 引 き 返 さ な い と 行 け な い 。 流 れ は ほ と ん ど な い の

だ が 、 強 い 向 か い 風 が 吹 い て い る 。 当 初 予 定 の の ん び り モ ー ド か ら 全

力 漕 ぎ モ ー ド に な っ て し ま っ た 。 さ い わ い 、 木 曽 川 遡 上 で 鍛 え た 漕 力

に よ り 、 な ん と か 進 ん で 行 く 。

2 k m 進 ん だ と こ ろ で 川 に 少 し 突 き 出 た 岸 の う し ろ が 風 の か げ に 入 っ

て い る の を み つ け 、 昼 寝 す る 。 艇 の 上 で 昼 寝 す る の は は じ め て だ っ た

が 、 な ん と 気 持 ち の 良 い 事 か 。 一 応 流 さ れ な い よ う に ツ タ を 握 り 締 め

て 3 0 分 ほ ど 寝 る 。

左 腕 が 筋 肉 痛 を お こ し て い た が あ と 1 k m を な ん と か 漕 ぎ 戻 り 、 岸 に

つ け て 撤 収 す る 。 バ ス 停 ま で 3 0 0 m 。 グ モ J r と は い え 、 装 備 や 着

替 え を 入 れ る と 荷 物 は 1 0 k g を 超 え て い る 。 体 が 重 い 。 ロ ー カ ル バ

ス 路 線 だ か ら 座 れ る だ ろ う と 期 待 し て い た が 、 め ず ら し く 超 混 雑 。

リ ュ ッ ク を 床 に 置 く こ と さ え で き ず 担 い だ ま ま 。 し か も 道 路 も 渋 滞 し

て な か な か 進 ま な い 。 あ あ あ 。

結 局 ハ ー ド な 一 日 と な っ て し ま い ま し た が 気 分 は 爽 快 。

や っ ぱ り 水 の 上 は い い で す ね え 。

来 週 末 は 帰 国 の 予 定 。 で き れ ば 長 良 川 の の ん び り 下 れ る 区 間 に 行 き た

い と 思 っ て ま す 。

-------------------------------------------------------------

6. 2000/12/03 dangerous down river at Fushan

  ( 福 山 で の 危 険 : 3 − 5 級 な 川 下 り )

例 に よ っ て こ の 週 末 は 出 張 で 台 湾 に 来 て お り ま し た の で 、 台 湾 の

カ ヤ ッ ク S H O P 「 冒 険 家 獨 木 舟 」 の L e e 店 長 と 連 絡 を と り 、

S H O P の 常 連 と 一 緒 に 川 へ 連 れ て い っ て も ら い ま し た 。

前 回 は 烏 来 ( う ー ら い ) か ら の 初 級 コ ー ス だ っ た の で す が 、

今 回 は 福 山 ( ふ ー し ゃ ん ) の バ リ バ リ の ホ ワ イ ト ウ ォ ー タ エ リ ア

で す 。 一 応 グ モ J r を 持 っ て い っ た の で す が 、 ス タ ー ト か ら い き な り

1 m オ ー バ ー の 落 ち 込 み が 連 続 し て お り 、 今 回 は L e e 店 長 の エ ア ー

リ ン ク ス ?? に タ ン デ ム で 乗 せ て も ら い ま し た 。

パ ド ル は 買 っ た ば か り の キ ィ ウ ィ マ ジ ッ ク 4 ピ ー ス パ ド ル 。 川 を 見

て 、 「 し ま っ た 、 い つ も の ア ル ミ シ ャ フ ト を 持 っ て く る ん だ っ た 」 と

思 い ま し た ね ( 結 局 こ の 自 分 の パ ド ル は ほ と ん ど 使 え な か っ た の だ

が ) 。

み ん な 準 備 が で き た と こ ろ で 、 と り あ え ず 瀬 遊 び を は じ め ち ゃ い ま し

た 。 結 局 そ ー ゆ ー 連 中 だ っ た の で す 。 わ た し も は じ め て 瀬 遊 び を し ま

し た 。 後 ろ で L e e 店 長 が コ ン ト ロ ー ル し て る の で 、 簡 単 に 落 ち 込 み

の 下 に 留 ま る こ と が で き ま し た ( こ れ っ て 、 な ん て い う ん で す ? ) 。

で 、 次 は リ ン ク ス ?? を 借 り て 、 一 人 で 挑 戦 。 さ き ほ ど 、 な ん と な く

や り 方 が 分 か っ た の で 、 は じ め て な が ら 1 0 秒 だ け は と ど ま れ ま し

た 。 一 緒 に 来 て い た リ ン ク ス ?? が 2 艇 い た の で す が 、 ま っ た く 留 ま れ

ず に は じ き 出 さ れ て た の で 、 も し か し て 素 質 が あ る ん だ ろ う か (^^v

ひ と と お り 遊 ん で い よ い よ 激 流 下 り に 突 入 。 見 た 目 、 凶 悪 な コ ー ス 。

岩 は 多 い し 、 落 ち 込 み は ま っ す ぐ で な く て 横 や 斜 め に 複 合 し て あ る

し 、 瀞 場 が 短 く て 瀬 が 連 続 し て る し 。

で も 、 今 日 は レ ス キ ュ ー の で き る 仲 間 が い る し 、 な に よ り L e e 店 長

が 一 緒 に い る の で 心 強 い 。

で 、 実 際 に 下 り 始 め た ら 、 な に ? こ の リ ン ク ス ?? の 安 定 性 の 良 さ は !

濁 々 の エ リ ア を 何 事 も 無 い よ う に す い す い 進 ん で い く 。 逆 に つ ま ん な

い ぐ ら い 。 リ ン ク ス ?? お そ る べ し ! ( し か し 、 こ の 楽 勝 モ ー ド も 長 く

は 続 か な い の で あ っ た )

L e e 店 長 と ひ と つ の 瀬 を ク リ ア ー す る 毎 に エ デ ィ ー に 入 っ て 後 続 の

レ ス キ ュ ー に 備 え て い た の で す が 、 い き な り 事 故 は 起 こ り ま し た 。

ひ と り が 、 狭 い 岩 の 間 を 通 る 時 に パ ド ル を 引 っ 掛 け て 折 っ て し ま っ た

の で す 。 だ れ も 予 備 パ ド ル を 持 っ て ま せ ん 。

で 、 ど う し た か と い う と L e e 店 長 が 自 分 の パ ド ル を 貸 し て あ げ 、

L e e 店 長 は 私 の パ ド ル を 使 い 、 私 は 折 れ た パ ド ル を シ ン グ ル パ ド ル

し て 使 う こ と に な な り ま し た ( 今 回 、 わ た し が 新 品 の パ ド ル を 使 え た

の は こ こ ま で だ っ た の で す ) 。

い ち お う 、 本 で シ ン グ ル パ ド ル の 漕 ぎ 方 は 読 ん だ こ と が あ る し 、 時 々

ダ ブ ル パ ド ル で 片 側 だ け を 漕 い で 進 む 練 習 と か も し た こ と は あ り ま す

が 、 は じ め て の 実 戦 で 、 し か も 凶 悪 な ホ ワ イ ト ウ ォ ー タ エ リ ア 。

頼 り は 後 ろ の L e e 店 長 だ け で す 。 し か し 、 彼 も 慣 れ な い パ ド ル 、

し か も 私 の パ ド ル は ツ ー リ ン グ パ ド ル な の で キ ャ ッ チ が 弱 く か な り

苦 戦 し て い ま す 。

そ れ で も な ん と か 進 ん で い っ た の で す が 、 第 2 の 悲 劇 が 起 き ま し た 。

ポ リ 艇 が 岩 に 貼 り 付 き 沈 を し た の で す 。 搭 乗 者 は す ぐ 脱 出 で き た よ う

で す が 、 ポ リ 艇 は く の 字 に 折 れ 曲 が っ て 完 全 に 貼 り 付 い て ま す 。

話 に は 聞 い て い た の で す が 本 当 に び く と も し ま せ ん 。

L e e 店 長 が な ん と か 近 づ き 、 ロ ー プ を か け 、 9 名 全 員 で 引 っ 張 っ て

な ん と か 剥 が せ ま し た 。 押 し 戻 し て な ん と か 下 れ る 状 態 に は な り ま し

た が 完 全 で は あ り ま せ ん 。 こ の 艇 に は L e e 店 長 は 乗 る こ と に な り

こ の 艇 の 持 ち 主 は 安 定 の 良 い リ ン ク ス ?? に 乗 る こ と に 、 そ し て こ の リ

ン ク ス ?? の 持 ち 主 ジ ェ リ ー ( 台 湾 人 は 英 語 名 の あ だ 名 を も っ て ま す )

が 私 と コ ン ビ を 組 む こ と に な り ま し た 。

当 然 、 艇 の 安 定 性 は さ ら に 悪 く な っ て き ま し た 。

そ し て 目 の 前 に は 3 m の 落 ち 込 み が 現 れ て き ま し た ( と い う か 先 が ぜ

ん ぜ ん 見 え な い ) 。 落 ち 込 み 直 前 の 岩 は 鋭 く 出 っ 張 っ て お り 、 リ ン ク

ス と い え ど も 下 れ る も の で は あ り ま せ ん 。 こ こ は 全 員 ポ ー テ ー ジ 。

し か し 、 こ の ポ ー テ ー ジ が ま た 大 変 。 右 岸 か ら し か い け な い の で す

が 、 3 0 m 下 に 次 の 2 m の 落 ち 込 み が あ り 、 特 に 右 岸 側 は 岩 が 出 っ

張 っ た 凶 悪 モ ー ド 。 L e e 店 長 と ア シ ス タ ン ト の マ イ ケ ル が フ ェ リ ー

グ ラ イ ド で 艇 と 人 を 左 岸 へ ピ ス ト ン 輸 送 を は じ め ま し た 。

最 後 の 二 人 は ベ テ ラ ン な の で 自 分 で 渡 っ て き ま し た が 、 流 速 に 負 け て

あ わ や そ の ま ま 落 ち 込 み 突 入 か ? と い う 直 前 で な ん と か 持 ち こ た え て

ま し た 。

さ て 、 い よ い よ 今 回 最 大 の 山 場 、 2 m の 落 ち 込 み で す 。 下 は 深 い プ ー

ル に な っ て お り 、 そ の 後 に し ば ら く 瀬 も な く 、 沈 し て も 大 事 な い と の

言 葉 が 救 い で す 。

リ ン ク ス ?? は ゆ っ く り 落 ち 込 み に 向 か い 、 す と ん と 落 ち ま し た 。 余 裕

の 浮 力 と 大 き さ で 何 事 も な く 通 過 。 ホ ッ 。

し か し 、 他 の ポ リ 艇 は そ う は 行 き ま せ ん 。 そ し て 第 3 の 悲 劇 が 起 き ま

し た 。 さ き ほ ど パ ド ル を 折 っ た 彼 が 、 ま た パ ド ル を 折 っ て し ま っ た の

で す 。

で 、 彼 に は 私 の パ ド ル が 手 渡 さ れ 、 私 た ち の リ ン ク ス ?? は 私 と L e e

店 長 が 操 る シ ン グ ル パ ド ル 2 本 の カ ヌ ー 状 態 に な っ て し ま っ た の で

す 。 彼 に は 仲 間 か ら 「 ぜ っ た い ぶ つ け る な ! 」 と の 注 意 が 飛 ん で ま

し た 。 彼 ら の パ ド ル は 1000 元 ( 4000 円 弱 ) と 安 い の で す が 、 私 の パ ド

ル は 16000 円 で す 。 私 も 気 が 気 で は あ り ま せ ん 。

L e e 店 長 は 、 こ の 後 は 安 全 な コ ー ス だ か ら 大 丈 夫 ! と の た ま わ っ て

お り ま し た が 、 そ の 数 分 後 に 我 々 が 沈 し て し ま い ま し た 。

か れ は 「 も う ひ と つ あ る の を 忘 れ て い た 」 と 後 で 語 っ て お り ま し た 。

そ ん な に 難 し い 落 ち 込 み で は な か っ た の で す が 、 少 々 落 ち 込 み 後 の 底

が 浅 く 、 ひ っ か か っ て し ま い 、 そ う こ う し て る う ち に L e e 店 長 が 後

ろ か ら の 水 流 で バ ラ ン ス を 失 い 、 絶 大 な 安 定 感 を 誇 る リ ン ク ス ?? も

ひ っ く り 返 っ て し ま い ま し た 。

こ れ が グ モ で あ れ ば す ぐ に 水 中 に 投 げ 出 さ れ る の で す が 、 し っ か り

サ イ ス ト ラ ッ プ を 閉 め て る の で そ の ま ま 水 中 で ぶ ら さ が っ て し ま い 、

慌 て て し ま い ま し た 。 と り あ え ず 体 を ず ら し て 頭 だ け 水 上 に 上 げ て 呼

吸 し 、 よ う や く 落 ち 着 い て ひ ざ を 伸 ば し て 脱 出 す る こ と を 思 い 出 し ま

し た 。 L e e 店 長 は い ま せ ん 。 艇 と パ ド ル を 確 保 し つ つ 流 さ れ て い き

ま す 。 先 に 下 っ て い た ポ リ 艇 に 救 助 さ れ 、 再 乗 艇 。

し ば ら く は 確 か に 「 リ ン ク ス ?? に は 安 全 」 な コ ー ス と な り 、 の ん び り

下 っ て い き ま す 。 し か し 、 こ の 後 に 最 後 の 恐 怖 が 待 ち 受 け て お り ま し

た 。

途 中 で ポ リ 艇 が 沈 脱 を し 、 全 員 が レ ス キ ュ ー に 向 か い ま し た が 流 れ が

速 く 、 一 緒 に な が さ れ て 行 っ て し ま い ま し た 。 沈 脱 者 は 救 助 さ れ た の

で す が 、 流 さ れ た 艇 は 2 つ の 落 ち 込 み 前 に は さ ま れ た 浅 瀬 の エ デ ィ ー

に 留 ま っ て い ま す 。 残 っ て い る の は 足 の 遅 い 我 々 の リ ン ク ス ?? の み 。

回 収 に 向 か い 、 エ デ ィ ー に 着 い た と こ ろ で L e e 店 長 が リ ン ク ス を 降

り 、 流 さ れ た 艇 に ロ ー プ を か け 、 安 全 に 流 そ う と し て い ま し た 。 し か

し 、 そ の 時 、 私 も や ば か っ た の で す 。

浅 瀬 で は あ り ま し た が 、 L e e 店 長 が 降 り た こ と で 軽 く な り 、 底 が 若

干 岩 に 引 っ か か っ て い る と は い え 、 流 れ に 押 さ れ て 徐 々 に 一 方 の 落 ち

込 み に ず れ て い っ た の で す 。 1 m の 落 ち 込 み と は い え 、 小 さ な 半 円 型

に え ぐ れ て お り 、 ま っ す ぐ に 進 ま な い と 引 っ か か っ て し ま い ま す 。

そ ん な 落 ち 込 み に よ こ か ら 突 っ 込 も う と し て い た の で す 。

か ろ う じ て 底 と 岩 と の 引 っ か か り で こ の 場 に 留 ま っ て い る の で 、

パ ド リ ン グ し た り 艇 か ら 降 り よ う と し た ら 、 す ぐ に 流 さ れ て し ま い

ま す 。 L e e 店 長 は こ ち ら の 状 況 に 気 づ い て い ま せ ん 。 わ た し は 、 彼

が 早 く 戻 っ て き て く れ る こ と 、 そ し て 最 悪 の 場 合 の コ ー ス ど り を 必 死

に 考 え て い ま し た 。

わ ず か づ つ 、 わ ず か づ つ 、 艇 は 落 ち 込 み に 向 か っ て ず れ て い き ま す 。

ま さ に 導 火 線 に 火 の つ い た 爆 弾 を 抱 え て い る 心 境 。 艇 の 先 端 が 落 ち

込 み の 上 に 差 し 掛 か っ て い よ い よ 覚 悟 を 決 め た と こ ろ で L e e 店 長 は

戻 っ て き ま し た 。 そ し て 、 私 の 恐 怖 と 楽 し さ に 満 ち た 1 日 が 終 わ り ま

し た 。 ( パ ド ル も 無 事 に 戻 っ て き ま し た 。 )

余 談 1

  我 々 の リ ン ク ス ?? に は 、 L e e 店 長 の カ ヤ ッ ク 犬 「 R O K I T 」 が

  一 緒 に 乗 り 込 ん で い た の で す が 、 カ ヌ ー な ら と も か く 、 ホ ワ イ ト

  ウ ォ ー タ に ば か り 行 く ご 主 人 を 持 っ た 彼 が ふ び ん で あ る 。

余 談 2

  今 日 気 づ い た の で す が 、 L e e 店 長 の K a y a k   s h o p の 隣 は

  「 沈 小 児 科 」 と い う 病 院 で し た 。 ア メ リ カ 人 で 漢 字 の 分 か ら な い 彼

  は 、 そ の 事 に 気 づ い て い な か っ た よ う で す 。 た ぶ ん 、 不 動 産 屋 も

  教 え な か っ た の で し ょ う 。 と こ ろ で 、 「 縁 起 が 悪 い 」 と い う 英 語 は

  な ん と 言 っ た ら い い ん だ ろ ?

以 上