<外科・移植外科>

<概要>

 部長:梶原建熈、スタッフ:8名、専攻医2

<特徴>

  スタッフ            10

  外科専攻医       3〜4名

  研修医                    3〜5名

  年間手術総数           1300例以上

           食道                25〜30例

                               130〜150例

           大腸                120〜140例

           膵臓                30〜45例

           肝臓                45〜65例

           乳腺                120〜150例

           鏡視下手術       170〜190例(うち胆嚢摘出手術120例程度)

 当院外科では常に国内最先端の外科治療レベルを維持するために、外科におけるサブスペシャリティを確立し、各分野の指導医に治療方針の決定など責任を集中している。すなわち食道、胃・大腸、肝臓、胆膵、乳腺、内視鏡外科、移植外科をサブスペシャリティとして有している。各分野ではそれぞれの臓器別に学会活動を積極的に行っている。外科専攻医は各疾患についてそれぞれの指導医よりマンツーマンに直接に教育され、その外科的熟練度に応じて主治医として手術手技を修得する。
 日本外科学会外科専門医カリキュラムの到達目標3の手術手技のうち呼吸器、心臓・大血管、末梢血管の症例については当院の胸部心臓血管外科へのローテートが、小児外科については院内での習練を主とするがもし経験症例の不足が予想される場合には兵庫県立こども病院での研修が予定されている。当院は救急救命センターであるので多発外傷を含む臓器の外傷症例は豊富である。外科専門医として要求されている術者としての120例以上、術者または助手としての350例の臨床経験は極めて容易である。

<一般目標>

 医の倫理を遵守し、外科専門医として適切な外科的臨床判断能力と問題解決能力、外科的手術手技を修得、さらに生涯学習のための基本を学ぶ。とくに外科において重要なチーム医療を身に付ける。

<行動目標>

 日本外科学会外科専門医修練カリキュラムに則り修練目標を設定する。

 到達目標1 基本的知識と臨床応用

1.              局所解剖

2.              病理学

3.              腫瘍学

4.              病態生理

5.              輸液・輸血

6.              血液凝固・線溶現象

7.              栄養・代謝学

8.              感染症

9.              免疫学

10.         創傷治癒

11.         周術期の管理

12.         麻酔学

13.         集中治療

14.         救命・救急医療

 到達目標2 検査・処置・麻酔手技

1.              検査手技

   @    超音波診断

   A    エックス線単純撮影・CT・MRI

   B    上・下部消化管造影・血管造影など

   C    内視鏡検査

   D    心臓カテーテルおよびシネアンギオグラフィー

   E    消化管機能検査

   F    呼吸機能検査

2.              周術期管理

3.              麻酔手技

4.              外傷の診断・治療

5.              外科的クリティカルケア

   @    心肺蘇生法―ALS

   A    動脈穿刺

   B    中心静脈カテーテルおよびSwan−Ganzカテーテル

   C    レスピレータによる呼吸管理

   D    熱傷初期輸液療法

   E    気管切開

   F    心嚢穿刺

   G    胸腔ドレナージ

   H    ショックの診断と原因別治療

   I    DIC、SIRS、CARS、MOFの診断と治療

   J    抗がん剤と放射線治療

6.              外科的サブスペシャリティの分野の初期治療

 到達目標3

           手術手技とその臨床応用

  日本外科学会外科専門医修練カリキュラムに則り外科各分野で経験すべき最低症例数以上の手術を実施する。

@    消化管および腹部内臓(80例)

A    乳腺(15例)

B    呼吸器(15例)

C    心臓・大血管(10例)

D    末梢血管(15例)

E    頭頚部・体表・内分泌外科(15例)

F    小児外科(15例)

G    臓器の外傷(10例)

H    鏡視下手術(20例)

手術手技一覧の詳細については日本外科学会外科専門医修練カリキュラムを参照のこと。

また同カリキュラムに要求されている術者または助手としての手術350例以上の症例、術者として120例以上の症例について手術経験を積む。

 到達目標4

外科診療を行う上で、医の倫理に基づいた適切な態度と習慣を身に付ける。

     @    外科における医師間のグループ医療

     A    コメディカルスタッフとのチーム医療

     B    インフォームド・コンセント

     C    ターミナルケア

     D    研修医・学生への指導

     E    教育資源の活用

 到達目標5

           生涯教育を行う基本の習得

           @    カンファレンスや学術集会への参加

           A    学術出版物の抄読と吟味

           B    症例報告・臨床研究

           C    資料の収集や文献検索

付記

 神戸市立中央市民病院外科における3年間の各年度に到達すべき手術手技等は、専攻医各自の熟練度に応じてそれぞれ考慮され、それに応じて主治医となる疾患も異なるが、概ね各年度に習熟すべき外科的手術術式は以下の如くである。

  1年目 ヘルニア手術、虫垂切除術、乳癌手術、(腹腔鏡下)胆嚢摘出術、胃亜全摘術、大腸切除術等

  2年目 直腸切除術、直腸切断術、胃全摘術、膵体尾部切除術、脾摘出術、肝部分切除術、
       腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下大腸切除術、腸閉塞手術等

           3年目 肝亜区域切除術、肝葉切除術、膵頭十二指腸切除術、食道癌手術等


<週間スケジュール>

  手術日                    月曜日〜金曜日

  外来                       専攻医を含む各医師に割り当てられた曜日

  部長回診                 金曜日PM2:30〜

  カンファレンス           月曜日・木曜日PM5:00〜          外科カンファレンス

                                  火曜日・金曜日PM5:00〜          消化器疾患カンファレンス

  英文抄読会             月曜日PM7:00〜

<見学等問い合わせ先>

細谷 亮:hoso@kcgh.gr.jp