Make your own free website on Tripod.com

転職失敗記その22

またも逆鱗に触れる

s協会、という組織がある。 E社を含む、Z市にある十数社の集まりだ。
s協会ではメーリングリストを運営して意見交換や会議の 予定決めに使っていて、私も入っていた。
私は間もなく会社を辞めるので、 s協会の担当のWさんに「私をメーリングリストから削除しておいて ください」と、メールで頼んだ。 「わかりました」と返事がきたものの、いつまで経っても 削除されない。

私の辞めた後に行われるプロジェクトのことで、メーリングリストは 盛り上がっていた。
多忙なWさんのことだから、時間がないのだろう。でも、いつまでも関係ない メールを読みつづけるのも、無駄だ。

メーリングリストを使用したことがある人なら、ご存知の筈。
新しくメーリングリストに入りたいときは、登録用のアドレスに、 subscribeとか、特別のコマンドを書いたメールを送る。 その後確認用のメールを更に送る場合もあるが、とにかく メールだけで登録され、その後自動でメーリングリストの 使い方を書いた説明メールが送られて来る。
説明メールにはメーリングリストからの脱退の方法もはっきり書いてある。
S協会のメーリングリストも同じシステムだが、誰でも加入できる まったくオープンなメーリングリストというわけではないので、 S協会のWさんが登録/脱退の窓口になっていた。
でもやることは一緒である。

前もって脱退の意志は伝えてあるので、 私はコマンドメールを送って脱退処理をした。
S協会のWさんにも自分で作業をしたことを伝えた。
「つい後回しにしてしまっていました。すみません」 と、返事が来た。
ところがそのことが、社長は気に入らなかったらしい。


退社まで2週間くらい、あともうすこし、 という頃。 私は社長室に呼び出された。
「昨日、S協会のWさんがね。『○○さん(私)、辞めるんだって?』って いうんだ。俺はびっくりしたよ。メーリングリストから削除したそうだね。
なんでそういう勝手なことをする?

えっ?今回は私は、何も落度がないはずだ。目を丸くして、私はWさんとの やりとりをつたえた。忙しいだろうから、自分でやっただけだ、と。
「だからって、勝手にやっていいものじゃないだろう。 非常識なんじゃないか?」
「だから、Wさんに事前に話したし、削除したあともメール だしましたけど」
「そういうもんじゃないだろう。S協会のWさんは、いい気はしなかった んじゃないか」
首をかしげる私をにらみつけて、社長は続ける。
「あんたね。インターネットについてのマニュアルにいろいろ 書いているね。『私は知りません』とか、かなりきつい口調で書いているけど、 そういうこと言うんなら、あんたもマナーを守るべきなんじゃないか」
マニュアルというのは、私が書いた社内ネットワークの マニュアルのことで、ネチケットやメールのマナーとか、その辺について 世間で言われていることを書いた部分である。
Outlookの設定が間違っていて、(つまりこのマニュアルを読まずに) システム管理者にクレームをつけられても私は知りません、 という一文があった。前にも書いたとおりOutlookが設定により変なメールを送るのでよく尋ねられ、ちょっとうんざりしていたからだ。

でも、一体何がマナーに反しているんだ?
メーリングリストの登録、削除、どこでも日常茶飯事に行われている ことじゃないの?
「こんなことをね、あなたにね。インターネットに詳しいシステム管理者様に 言うのはおこがましいかもしれないけどね。システム管理者様には。」
システム管理者「様」だって…

お得意の、超厭味な言い回しが出た。
「Wさんが忙しくて作業をしないまま、私が退社してしまった場合、 もう私のアドレスは無いわけですから、 S協会のメーリングリストの管理者にエラーがおくられたりして、 管理者に迷惑をかけると思ったんです。 実際、年度末なんかに、多くのメーリングリストで起きている ことです。なにが…問題なんですか?」
「…私はWさんにはあんたが辞めることは言ってなかったよ。 ひとことも。なのに、あっちから言われた。 私は、顔に泥をぬられたよ」
「…そうなんですか?」
「ええ。顔に泥をぬられました」

あっ、そういう意味だったのか。社長の知らない間に、辞めると いうことがWさんに知れてしまったのが気に入らなかったのか。
だが、私は前の会社の時、同じ頃…退社3週間程前には、 もう辞めることをオープンにしていた。みんなそうだったからだ。 だれも、泥をぬられたなんて怒らない。
それに、意味もなくWさんに言ったわけじゃない。いま説明したとおり、 メーリングリストの運営上必要があるから、知らせたまでだ。

まったく、最後の最後で、こんなことが社長の逆鱗に触れようとは…。

<続く>

前へ indexへ 次へ