Make your own free website on Tripod.com


contents

 ホーム

 街ができた訳

 イルカ体験

 最近のイルカ

 イルカ仲間になる

 主なメンバーの横顔

 本の紹介(日本語)

 本の紹介(外国語)

 ギャラリー

 リンク

 宝物庫

 メール


私たちの活動、それはオーストラリアのシドニーでイルカが好きな人達が集まっていろいろ語り合う。ただこれだけ何です。もちろんオージーとも語り合ってます。心の中どっか疲れてても、イルカに会ったときのことを考えれば、また元気になれる。そんな人達の集まりです。お互いが持ってる本やビデオを貸しあったり、イルカに会いにいったり、基本的には海とイルカが好きな人であれば資格ありです。

っていいましたけど、どんな人が主にいるのか、気になりません?

気にならなければ他のジャンルへ行って下さいね。中心人物の横顔です。横顔っていっても、写真は都合により(どんな?)まだありません。いいの撮れたら出します。

メンバーの横顔

Murano

某旅行会社(世界中で有名な会社だけど日本ではあまり知られてない旅行会社)のカスタマーサービス担当(本当?)。週末もオフィスにいることが多い。

趣味は丘ボディボード、でも2mぐらいの波から落っことされるのが大好き。ボディサーフィンには今年からハマル。難しそうな英語の本をカフェで難しそうに読んでるふりすること。スキーは日本ではするが、シドニーに来てからは寒いのと温泉がないことで1回しか行かずじまい。そのくせ、冷たくても海にはすぐ入る。

クサルのとひがむのと嘘つくのが大嫌い。失敗したことと嫌なことはすぐ忘れる都合のよい記憶力の持ち主。今はフランス語とダイビングに足突っ込んだところ。チャネラーみたいなことができるようだ。


Kumi

前述の某旅行会社のツアーガイド(本当?)。平日でも家にいることが少ない。

趣味はよく知らないが、いろいろやっているよう。とりあえず同じボディボーダー(丘ではない)。そして、スノーボーダーでもある。一言でいえば、昔のFineという雑誌に出てた女の子のような感じ。これでわかるでしょ。

見かけで一見チャラついてるようだが、いろんな仕事経験しているので、曲がったことしない。持ち前の明るさで人間関係は宇宙的規模。